読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

かきなぐり スマホ雑文 気づき

越境とかいうが、言語が通ずる人とのコミュニケーションはやはり落ち着くし良いものだ。素朴に。

研究日誌2016/09/25

academic 個人的な節目 気づき 社外の学び 研究日誌

質的心理学会2日目。午前の野村先生のものは疲れていたのでパスしてしまった。去年、秋葉原でご一緒した時にいろいろ伺ったのでまあいいかなと。

午後から師匠不在のシンポに。これが今回のクライマックスか。当たり前だがやって来たことの関連なのでアクティブに聞けた。貴重なネットワークも得られた。ダラダラ長居してもしょうがないなと思い帰路につく途中で振り返っている。

質的心理学は豊かな記述でおそらくアンチテーゼとしてこれまでの心理学に向かうものであり、心理学が実りあるものになるのかもしれないが、それだけでは資本主義笑社会の変革実践に無理があるようにも感じた機会だった。感じたのは優しいサヨク(島田 )という形容か。

心理学のアンチとかアカデミシャンでもないとコミットできない。単なるサラリーマンには遠い。企業とか組織ずっぷりの学会は未経験なので相対的な距離把握は必要だろうが。

質心は主戦場にすることはし難いが役立つ方法論やツールはありそうに思う。ゆるく付き合いたい。

 

グラウンデッド・セオリー・アプローチ 改訂版  理論を生みだすまで (ワードマップ)

グラウンデッド・セオリー・アプローチ 改訂版 理論を生みだすまで (ワードマップ)

 

 

 

 

 

越境する対話と学び: 異質な人・組織・コミュニティをつなぐ

越境する対話と学び: 異質な人・組織・コミュニティをつなぐ

 

 

 

研究日誌2016/09/24

研究日誌 気づき academic

質的心理学会。初の学会参加。とはいえカジュアルなゆるい学会ではある。

朝からポスターみてシンポ聴いて疲れてコーヒー飲みに会場出て夜の懇親会に後悔しながら出て、得るものも多かったが本質的には疲れに行く場である。少なくとも自分にはそうだった。

得たものはキャリア理論の最新版のものと知らなかったオートエスノグラフィという研究法だった。キャリアからは少し遠ざかったが関連させて行っても良いかもしれない。いささか周縁的になりすぎているのかもしれない。

 

 

 

「意味マップ」のキャリア分析: 「個人の意味」が「社会の意味」になるメカニズム

「意味マップ」のキャリア分析: 「個人の意味」が「社会の意味」になるメカニズム

 
社会構成主義キャリア・カウンセリングの理論と実践

社会構成主義キャリア・カウンセリングの理論と実践

  • 作者: 渡部昌平,下村英雄,新目真紀,五十嵐敦,榧野潤,高橋浩,宗方比佐子
  • 出版社/メーカー: 福村出版
  • 発売日: 2015/07/09
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

質的心理学研究〈第12号〉特集 文化と発達

質的心理学研究〈第12号〉特集 文化と発達

 

 

 

研究日誌2016/09/23

日常エッセイ 研究日誌

×
移動日。学会会場そばへと移動してあまり来たことがない街を散歩する。
研究日誌自体はいつもスマホで書いているので、PCで書いているのはなにげに初めてかもしれない。
この秋はなるべく学会に出てみて、Academicと呼ばれる世界の状況とかお作法を知ろうと思う。
それがあってのHACKであろうし。
それにしても、休みが挟まれても一週間職場にいかないと、浦島太郎気分になる。
田舎でしばらく生活して、リズムの違いを感じた。妻もそう言っていたが。
ペースメイクして働くことが必要になる時期がいずれくるだろう。肉体的にもライフスタイル的にも。
それに気づけたことは良い学び。あと、日常から離れてもやっと研究を考えられたのもいい機会。
明日はなにげに学会デビュー。参加だけだけど。方向性なり気づきを得る良い機会にしたい。

長い研究日誌2016/09/22

academic ナラティヴ 個人的な節目 研究 研究日誌 読書

雨ばかりだったので、読んでない論文と読んでない書籍をぱらぱらと読んだ。下読みレベル。これを進めようと思ったら論文の目的に合わせてよりアクティブに読まないといけないなという反省はある。読んだものは杉万グループダイナミクス系と上野直樹の状況論の本とRの入門書で偏りあり。あとはナレッジマネジメントの簡単な論文とか。ほんと雑多。

 

いろいろ目を通して見て、ひとつ大事そうな気づきは、自分は事象をモデル化するだけの論理実証主義はあまり興味がないようだなということだった。社会人になって学んでる以上、おおかたの心理学とか社会学とか経済学とか社会科学一般のものは自分にとってはあまり切実でないなと。まあ、経営学にしたって、読み込んでいくと分析で終わり、というものもおおかたあったりする。メタ化してあげておわり、みたいなのが学者であるのかなと。浅薄な理解だし経営学者に読まれたら自己防衛的に否定されると思うけど、大抵はまあそうだよねと。だからアメリカ経営学会?のデニスルソー女史とかはデリバラブルな経営学(意訳)っていってるのだろうし。企業で活かすとかそんなに簡単にいかない。それこそ状況論的に言えば、通じる文脈形成がないなかでの理論はお飾りになる。畢竟、理論を実証したいなら研究者はその場に介入しなくてはならない。モデル化を超えて。杉万によれば、それが自然科学でない人間科学の在り方なんだと。

とはいえ、データを数理的に回収して分析するスキルは高めたい。統計とか解析は武器になるはずだから。観察、フィールドワークとかナラティブに寄りすぎず、混合だろうが役立つものをその状況とか環境に応じて使えるようになりたいもんだ。

そんで、やはり自分のフィールドからはじめて、立場をつくりながら可能な感じでやりたいものに挑めたら良いのかなと思う。ワークショップなり、介入の武器も欲しいよね。まあ一番欲しいのは、こういった領域の野党みたいな志向性の立場にたった仲間なんだけど。アンチとしての教育工学とかそちらの方が現実的にウケているのがいまの実態。ま、文脈横断とか越境できるというのは、企業の状況に合わせて介入できるという技とか立場のつくりかたが必要なのだろう。

そんなで、自分はまた舞い戻るが実践的立場として組織開発とか、理論的立場として社会心理学なかでもグループダイナミックスが戦場になっていくのかなという気がする。

担当分野的に組織よりは、もうちょっと個の開発によった理論をやらなくてはとは思っているが。キャリアかリーダーシップか、はたまた経営学でない隣接領域になにか落ちてないかなとか。

 

文化と状況的学習-実践、言語、人工物へのアクセスのデザイン

文化と状況的学習-実践、言語、人工物へのアクセスのデザイン

 

 

 

コミュニティのグループ・ダイナミックス (学術選書―心の宇宙 (005))

コミュニティのグループ・ダイナミックス (学術選書―心の宇宙 (005))

 

 

 

はじめてのR: ごく初歩の操作から統計解析の導入まで

はじめてのR: ごく初歩の操作から統計解析の導入まで

 

 

 

最強の社会調査入門

最強の社会調査入門

 

 

 

医療経済学講義 補訂版

医療経済学講義 補訂版

 

 

 

研究日誌2016/09/21

研究日誌 気づき

実家帰省中なので自治体の図書館へ。上京するまではなかった新しい図書館。綺麗だった。軽く借りた本に目を通してメモ、読んでいなかった論文を読むなど。そこまでこんをつめてやってないが、ようやく修論の方向性のヒントが見えてきたような気がしている。長く研究するためには基本を抑えていかないといけないかなと思う。

研究日誌2016/09/20

研究日誌

台風がらみの雨の中長野から帰ってきた。やはり統計をやらねばなあと思い統計本などを読んだ。手を動かして経験をする分野であると信じてやろうと思う

研究日誌2016/09/18

研究日誌 日記

×

法事

研究日誌2016/09/17

研究日誌 講義

朝からウェンガー読書会。午後は対話分析のイントロダクション。そこから移動して実家へ。これから1週間の遅い夏休みをとる。

 

コミュニティ・オブ・プラクティス―ナレッジ社会の新たな知識形態の実践 (Harvard Business School Press)

コミュニティ・オブ・プラクティス―ナレッジ社会の新たな知識形態の実践 (Harvard Business School Press)

 

 

 

研究日誌2016/09/16

研究日誌 講義

授業開始。量的データの講義。質に寄りがちな内容が多かったのであえてとることにした。

エクセル量アップとSPSSのはしりくらいはできるようになりたいものだ。心理統計だからまあ慣れることが最初だな。

研究日誌2016/09/12

研究日誌


久しぶりに研究というか、読書会準備を進めている。必要なことは手を動かして書くことなのだろうと思う次第。

  • 理論を知り
  • 研究法を知り
  • データを集め
  • データを分析して
  • 理論と付きあわせて考察、示唆を得る

というのが流れなのであろう。
まだまだ理論を知る段階だが切りがないので、そろそろ研究法を知ったうえで実践していくのが良さそうである。
リニアに進むのではなく、あれこれやったり、PDCAぐるぐるしてみたりすることが必要そうである。