読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

INFPのI

ナラティヴ 個人的な節目 研究 社外の学び

なんのことやら、という感じかもしれないが、ユングのタイプ論をベースにした、MBTIという心理テスト?というか多様性理解のためのワークショップでの私の判定である。MBTIは外資系とか意識高い大手企業なら、一度はやったことがある、という感じだろうか。自分の場合は、知り合いのワークショップに参加させてもらい受けてきた。
MBTIは、主催元が、かなり厳格な管理をしているので、勝手MBTIというのはあまりない様子。そんで、毎年せいぜい100名程度しかファシリテーターは合格しないので、スタンダードなんだか、そうでもないんだかようわからんのだが。
MBTIとは

タイトルのINFPは私のタイプ。内向で、直観重視で、感情ベースで知覚的態度、という判定である。詳しくはネットで見てほしい。ネットに情報があふれているので。
このなかでのI、というのは内向的であるということ。以前、3~4年前にはじめて受けたときは、E(外向)とI(内向)が同じくらいで、なんとなくIなのかなあという感じだったが、この数年、振り切って心地良い方にふっていたら、Iがだいぶはっきりしてきた。
仕事柄、人にあったり関わったりすることが、社会人からずっと続いていたが、いわば利き腕でない方を鍛えてきていたということだった。強制的に鍛えた感じ。仕事人としてのペルソナが自己と認識していたのだが、心地よさではなかった様子。スッキリした。40近くなってきて、ねばならない、というマインドもなくなってきたようだ。

週末をかけて、休日出勤の代休休暇をとった。ある場所にこもって、あーだこーだと考えてきたわけなんだが、やっぱり、自分にとっての価値観を求めようと思うと、いま「置きに行っている」研究テーマは、本筋でないように思えた。
会社の仕事になるべく関連を、ということで、ズバリ仕事と一体化させようとしていたら、気持ち悪くなってきた。そこまで仕事づけになりたくないのに。天井だって見えている。芽生えかけた興味を潰してまでやることか、というのがどうも今まで以上に自覚されてきたことだ。

再回帰したテーマにどこまで沿った計画が立てられるかが、今月の目標になる。それには、関連研究をリサーチし、テーマを絞り、フィールドも定めていかなくてはならない。正直、「置きに行く」研究よりは大変なのだが、その後の人生のスケール感を感じるのでなんとか、仮置きでも定めたい気持ちである。

定まったら、もう少しちゃんとブログでの発信もできるようになるかもしれない。
とにかく、自分の軸に素直に生きたいという気持ちが強まっている。NPの属性らしいのだが、転職はもうしようと思わないが、新しい展開をいつでも考えている。そうやって人生をストレッチしてきている。少しだけ、ストレッチから新しい展開が開けそうな、そんな予感が高まっている。悪くない。

コンヴィヴィアリティのための道具 (ちくま学芸文庫)

コンヴィヴィアリティのための道具 (ちくま学芸文庫)

2017/01/30ブログの展開に悩む

かきなぐり

新年あけてブログ更新できてない。特にやる気もないので書いていなかったが、も少しちゃんとせねばとたまに思っている。
基本的に時間つくって書こうとしないとね、というのと日常の日記を書くのは途中で飽きる。ある程度テーマだてしたいものだと。

最近、ホントに学びたいという対象が見えつつある。なんどもなんども見えてはいたものなんだけど、ちょっとずつやっぱそこかあという感じになってきている。そのテーマでかきかきするのがいいのかな。きっと。

研究日誌じゃない2017/01/09

かきなぐり スマホ雑文 ナラティヴ 個人的な節目 気づき 研究日誌

スマホ日記も久しぶり。年も開けた。年始に同行した人から聞いたり、そのほかに考えたことをメモしておく。

  • ブログを読まれたいならテーマに沿って書くとかタイトル工夫するとか、役立つための視点を持つ
  • 蓄積は力になる。とくにブログでは。
  • 自分が一番の読者であると思って検索で遡れるようにすることを意識すると良い

なるほどね。

ブロガーになりたいことはないが、やる意味があるかどうかでいうと、研究日誌日記はやる意味が感じられないようになってきた。もすこしまともに書くのも良いかもしれない。ドメイン取って有料プランでやってるなら。

 

あと、関係ないが、久しぶりにフェイスブックアプリを削除した。理由は、スマホが重くなるからがメイン。16GBしかないのに、700MBとかになつてきて、それを軽くするのにいれなおしたり四苦八苦とか面倒である。

伴って、人のつぶやきが若干ノイジーに感じてきたのでまた退行のシーズンとする。俺にとって、人のつぶやきは基本嫉妬なので見ないに越したことはない。気にしすぎてしまう。人が起点になったり、モチベーションは達成でなくパワーばかりでもなく、つくづく親和動機が強いなと思うがしょうがない心性というものもある。

そんなで、いろいろ曲がり角にいる。シャープにスリムにしていきたいフェーズなので、研究も進まない状況にある。潜る時かもしれない。

研究日誌2016/11/14

研究日誌 個人的な節目 気づき 講義

講義で関西系グルダイ学派の論文を元にアクションリサーチについて考える。

いい議論ができた。実務家だからこそ出来る研究について考えることになった。量的なリサーチの手堅い誘惑に惹かれるが、特権的にアクセス出来るフィールドがあるからこそ出来る研究というのもあるかもしれない。まあマスターなどせいぜい2年だから、なにかフォーカスしてやらないといけないのだろうなと思ってもいる。

研究テーマが戦略とポジショニング的になりすぎるとつまらないし力もこもらないのかなあとも思う。そういうのが向いている領域もあるだろうが、適度にずらさないと予定調和的でもあるのでインパクトがでなかったり。ま、アウトプットで問うしかないのな。

 

ラディカル質的心理学―アクションリサーチ入門

ラディカル質的心理学―アクションリサーチ入門