読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

伊丹空港にて

伊丹空港の搭乗ゲートくぐったら、そこには頭がパーソルの広告があった。

やっぱりwozとかの

働いて、笑おう

って悪趣味。

はたらくを楽しむとか笑おうとかって、そもそも働くことはつらいことだってことなんだろうなと思わせる。そうだとして、だからこそそんなメッセージングをされたくない気持ち。

はたらくことに過剰な意味づけがなされすぎなんだよなという社会。

https://www.instagram.com/p/BTsmbuNDSPM6MRg42LNl_1Mo1PqtumbF55-KN00/

ガンバ戦前、再開こんにちは。

 

分人思想を状況論と結びつけられそうな予感に沸き立つ

振休休みで、外出予定にしていたが出不精で出られないので、しかたなく古いレッツノートのBluetooth設定を苦労したり買って使ってなかったThinkPadのキーボードを試行錯誤して認識させたり、読んでなかったキンドル本を眺めたりしていて、Spotifyの無料垂れ流しで坂本龍一を聴いていたらCorneliusリミックスのかっちょいい曲が流れてきて、アイデアが昇華したような感じになっている。問題意識が正反合しつつあるような感覚。
今更に平野啓一郎の分人論を読み直そうとして本をすげえさがしたが、Kindleで昔買ったものだということで認識錯誤。そうしているうちに「なめ敵」もそうだったかと数年前に丸の内で読書会したことを思い出したりして、ちょいとずつ点が面になりつつある感じが出てきている。
単語だけ抜き出すと非常にスノッブだがスノッブのなかに思想が潜んでいるというのは今日、意味もない時間をソフトフォーカスで過ごしていたなか結構真面目に思うことであった。乱読したなかには読んでなかった佐渡島本やらハーバードいきましたという7回読みの弁護士本もあったりして、そういうものが触媒になる。まじめにこの本は、深みがあって、ああ人を適当に判断しているよな自分はという感覚になったものだった。

前に進むための読書論 東大首席弁護士の本棚 (光文社新書)

前に進むための読書論 東大首席弁護士の本棚 (光文社新書)

タイトルはアレだが、乱雑に買ったKindleのなかにあったこの本は、前段だけ読むとよい。7回読みとかいってるのがもったいないくらい思想がある。

見直したけどみつからない書評?

昨日お会いした先生から会うなり書評ブログありがとうって言われたんだけど、書いた覚えなくていま見直したけど俺じゃなさそうだった。まえのダイアリーにもなさげだし、勘違いかな。うーむわからん。