読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

伊丹空港にて

伊丹空港の搭乗ゲートくぐったら、そこには頭がパーソルの広告があった。 やっぱりwozとかの 働いて、笑おう って悪趣味。 はたらくを楽しむとか笑おうとかって、そもそも働くことはつらいことだってことなんだろうなと思わせる。そうだとして、だからこそそ…

分人思想を状況論と結びつけられそうな予感に沸き立つ

振休休みで、外出予定にしていたが出不精で出られないので、しかたなく古いレッツノートのBluetooth設定を苦労したり買って使ってなかったThinkPadのキーボードを試行錯誤して認識させたり、読んでなかったキンドル本を眺めたりしていて、Spotifyの無料垂れ…

シンプルだけど大いなる気づき

どんだけ考えても感じてもやってることと楽しみを感じることが逆ベクトルだと気づいた。そしたら楽になってきた。そんな駒場のゴールデンウィークである。

書いてない

定期エントリー。書いてないなー有料ブログもったいないなというだけの話。

見直したけどみつからない書評?

昨日お会いした先生から会うなり書評ブログありがとうって言われたんだけど、書いた覚えなくていま見直したけど俺じゃなさそうだった。まえのダイアリーにもなさげだし、勘違いかな。うーむわからん。

自分自身の渇きが足りてないのかも

今日の採用学講演聞いて振り返っているが、採用と育成との連動ってなんだろうとその両者をまたいだのに思ってしまうし、人事での育成担当にどこまで何ができるのだろうとも思ってしまう。なにがあるのだろうと思って30過ぎて人事役に踏み出して来たが未だに…

なんてったって春

もう春。なんてったって春。わざわざ大阪きてぼーっとふりかえっている。今年度。 どんづまりでもなく、爆発してるわけでもない。だが、慣性にまた飽きてきてる。仕事だけには飽きてきた。春樹の新作小説のテーマみたいな感じ。ケリつけて人生後半戦にいかな…

INFPのI

なんのことやら、という感じかもしれないが、ユングのタイプ論をベースにした、MBTIという心理テスト?というか多様性理解のためのワークショップでの私の判定である。MBTIは外資系とか意識高い大手企業なら、一度はやったことがある、という感じだろうか。…

2017/01/30ブログの展開に悩む

新年あけてブログ更新できてない。特にやる気もないので書いていなかったが、も少しちゃんとせねばとたまに思っている。 基本的に時間つくって書こうとしないとね、というのと日常の日記を書くのは途中で飽きる。ある程度テーマだてしたいものだと。最近、ホ…

研究日誌じゃない2017/01/09

スマホ日記も久しぶり。年も開けた。年始に同行した人から聞いたり、そのほかに考えたことをメモしておく。 ブログを読まれたいならテーマに沿って書くとかタイトル工夫するとか、役立つための視点を持つ 蓄積は力になる。とくにブログでは。 自分が一番の読…

2016/11/16

○ イベントやった。結構フリーダムでいい感じだった。研究的にはZPD的な環境がつくれたのかもと思う。人からの支援で成長する世界観を持ちたい。もっといろんなものの境界は曖昧になって行くだろう。仕事の線引きも、他者との対立も。

研究日誌2016/11/14

○ 講義で関西系グルダイ学派の論文を元にアクションリサーチについて考える。 いい議論ができた。実務家だからこそ出来る研究について考えることになった。量的なリサーチの手堅い誘惑に惹かれるが、特権的にアクセス出来るフィールドがあるからこそ出来る研…

とぎれとぎれ

研究日誌がかけてないのは研究してないから。迷い中である。が、少し考えて、決めてから走るのでなくとりあえずやってみるでないと、これは打開できそうにないと感じた。大きな枠はある。であれば、そこをつめていくしかない。その後のことは、そのあとで考…

研究日誌2016/11/07

△ 予定した本は読めず、風呂で統計の本を眺め読む。

研究日誌2016/11/06

○かな あまり熱心にはできなかったが久しぶりに家で机に向かう。うーむ、もっとルーティン化しないと

研究日誌2016/11/05

△ 講義で会話分析。隣接ペア(Sacks)のことをねちっとやる。うーん、こういうものをやることでなにを見るのか、というのは自覚的でなくてはいけない。質的研究だからこそ出来ることとはなんであるのかと。evidenceの世界に向かうには分が悪い、のかな。発見…

研究日誌 2016/11/04

△ 講義で統計もどき。とりあえず、Excelは神のようなアプリであることは理解した。大抵はできる。SPSSとかなくても。

研究日誌2016/11/03

△ 仕事ベースになってしまった。忙しい。あと初めて自分で名刺作った。このことは気が向いたら付記したい。

研究日誌2016/11/02

○ 会社の読書会。ねちっこく一章ずつやる感じになりそう。なおやさんも講演で話してたりして、いま話題になりつつある。別ルートで人事的関心から知ったのだけど。 チームが機能するとはどういうことか――「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ 作者:…

研究日誌2016/11/01

○ 読書会資料づくりでまあまあがんばった。でも会社のだけど。

研究日誌2016/10/31

○ 会社の後講義でアクションリサーチの内容。なにがアクションリサーチと呼びうるのかというのは決まりがあるようで曖昧。 帰ったら終えられてない会社の読書会レジュメを寝るまで作成するなど。

研究日誌一旦停止中

たんにモチベーション落ちて書いてないのだが。まあそれも指標になるのかなと無理に書かなくやっている。迷いがあることもあり。 そろそろスタンスを決めて再開しないとね。でもそれなりに毎日書いていたから俺にしては続いているほう。手書き日記も書いたり…

研究日誌2016/10/25

× 2日くらい抜けちまったがまあ良い。その間もあまりできてなかったし。 この本をたまに読んで思うのは毎日決まった時間にやること大事ということ。やれる時期はあるわけだからやるようにしたいものだ。足りないのは意志力、なのかな。 できる研究者の論文生…

ライフシフトざざっと読みの感想

ざっとだけ読んだ。LIFE SHIFT(ライフ・シフト)作者: リンダグラットン,アンドリュースコット,池村千秋出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2016/10/21メディア: 単行本この商品を含むブログを見るざっくり言えば、ワークシフトにもましてキャリアの本。…

研究日誌2016/10/22

○ 久しぶりにフリーな土曜になった。明学に行って半年越しのカード引き換え。統計やるつもりが別の本の読書に。まあおかげで色々な本を棚から見つけられたからいいか。明学の図書館は良い。雰囲気も良いし、社会科学系の本はなかなか良いラインナップ。ヘボ…

研究日誌2016/10/21

△ 業務で必要になって読んでたのがまあ研究の一環だったので。疲労がたまったので夜はマッサージ行って就寝するだけ。

研究日誌2016/10/20

△ しまりがない講義参加のみ。ひとつのイシューをダラダラ対話。面白いんだけど、講義で放談会だとどうなんだろうね。ほかの時間にはやりたいけど、講義はもっとちゃんとした勉強したい。

研究日誌2016/10/19

☓ 会社から帰って飯食って就寝。

研究日誌2016/10/18

★ 研究はできなかったけど東大医学部の研究室に忍び込んだのでまあ刺激になった。もっと掘れるな。

研究日誌2016/10/17

○ 研究指導と講義。だいぶ絞れてきたが、まだまだこれからかなあ。

研究日誌2016/10/16

△ どうにもやる気が出ず、ダラダラとゴルフ中継を眺める。松山英樹をずっとみており、アメトーークが始まる頃やっと読書。一冊近場の大学に本を返して飯食ったらもう夜。ダラけちまった

研究日誌2016/10/15

○ 講義で会話分析。ミクロにみていくのはおっくうだなあと思いつつもパワフルな方法論かもしれないと思った。 そんくらいで、夜は君の名はを見て篝ラーメン食って帰る。

君の名は your name.

君の名はをいまさらに。ラッドがメロウで描写も異常に美しくて良い映画だと思うがこれがなぜ受けているのかというメタな見方をしている俺はもうオッさんなのだということだけわかった。だが、ハイコンテクストすぎて東浩紀の言うセカイ系の終焉というコンテ…

ワークライフバランス

論争 日本のワーク・ライフ・バランス 作者: 山口一男,樋口美雄 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2008/04 メディア: 単行本 購入: 3人 クリック: 31回 この商品を含むブログ (14件) を見る テキトーに借りてきた本で斜め読み出来そうなので風呂…

研究日誌2016/10/14

○ 講義参加。質問紙の比較検討。あまり理論とかテクネーなことはやれず、うーんという感じ。とりあえずエクセルの統計処理とSPSSの習得に目標を置きたい。 わかんない段階だけど、意外に統計学ぶの楽し。自習中。楽しくなったら学生のうちにSPSSも買っちゃう…

研究日誌2016/10/13

△ 講義用に質問紙をささっと作った程度。風邪はもう一歩。

研究日誌2016/10/12

○ もっとやれそうに思うけどまあ平日ならこんなもんか。退社後に食堂で少し、帰ってから読書。手計算の前にとにかく入門書を読んで統計の全体像をつかもうとしている。週末くらいから解き始めよう。 よくわかる心理統計 (やわらかアカデミズム・わかるシリー…

研究日誌2016/10/11

○ 帰っても勉強しなそうなので会社で退社後に食堂使って勉強した。これは良い。 会話分析の下地になるスクリプト書き起こしをちょこっとと、研究の土台かもと思っている書籍を読み始めた。この本は読書会もしようと思い、衝動的に隣のチームメンバーを誘って…

研究日誌2016/10/10

○ エンジンのかかりは遅かったが心理統計の基礎の基礎本は目を通した。あと、デシの本も借りてきたものをざっと読んだ。読みやすいが重要な内容なので買いたい。エッセイみたいなのに重要な内発的動機づけの話と自律性と有能感の話が良いブレンドで書かれて…

ジェイソン・ボーン

公開間もなく見てきた。前作からは9年。だいぶ時間がたっている。あいだにボーン・レガシーという外伝めいたものがあったが、やはりマットデイモンが出ないことにはボーンではない。あの不機嫌な感じのボーンを心待ちにしていた。 とにかく映画.comのタイア…

職場でのメンタル支援のむずかしさを自分語る

はりねずみさんのブログはたまに拝読しているのだが、今回のエントリーを読んでて自分もつぶやきたくなったので研究日誌以外に書く。 harinezumi.hatenablog.com 電通労務話がはてブでもバズっているし、やっぱりそういう労働環境は異常だなとは思う。カルチ…

研究日誌2016/10/09

★ 大学院の修論中間発表を聞く。 自分の研究テーマとは関係がないものも多いのだが、研究手法とか課題設定とかが勉強になる。とにかく、なんで俺はこれを研究して、先行研究ではどこに位置づけられて、自分がやる研究の意義はこれだ、ってことを言えないと意…

研究日誌2016/10/08

☓ ボーン3部作をアマゾンプライムで見た。風邪を治すべく外出せず引きこもって療養。 いちおう、ちょっと読書したけど研究ではないので☓。 うーん、体調をぐっと回復させたい。三連休で治るかなあと。

研究日誌2016/10/07

× 今日はなにもしない。テレビ見て寝る。風邪治す。 ただ、テーマの予兆は見えた気がした。心理的安全と社会関係資本が大きなテーマであるかな。

研究日誌2016/10/06

○ 講義の日。初回でオリエンとかで終わり。学びは浅いがまあこれから。風邪相変わらずなのでさっさと寝る

研究日誌2016/10/05

× 飲み会して早めにおねんね。 犬氏が行ったという定性インタビューがヒントになった。研究見地からは関係資本の構築が健康にもパフォーマンスにも良い影響なんだろうと感じた。 あと、0歳児育児がウン万円も月々かかるとは。。おそろしい。

研究日誌2016/10/04

△ ブックオフでもろもろ物色。読みたい本だけが増えて行く。体調は引き続き治りきらぬ。

研究日誌2016/10/03

◯ 体調イマイチで早く帰った分、家で出来ることもあった。 ざざっと借りてきた本に目を通し、そろそろフォーカスせねばともんもんとする。が、テクネーが必要だなあやはり自分の仕事には、なんて思う次第でもあった。最近流行りつつあるピープル・アナリティ…

研究日誌2016/10/02

△ 本を明大でかりたくらい。まだ体調わるくダラダラ。あかんなーと思いつつ、やれんときはやらんことにする。

デトックスのような発熱を経て

先週末にパーンと高熱が出た。胃腸炎というやつか、熱だけで咳も出ない。苦しいがある種シンプルな苦しみ。 引っ越しがあったり講義が始まったり歓送迎会がたくさんあったりでペースが掴みにくかったのは事実だが、この時期は昔からこういうことがたまにある…