読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

社外の学び

自分自身の渇きが足りてないのかも

今日の採用学講演聞いて振り返っているが、採用と育成との連動ってなんだろうとその両者をまたいだのに思ってしまうし、人事での育成担当にどこまで何ができるのだろうとも思ってしまう。なにがあるのだろうと思って30過ぎて人事役に踏み出して来たが未だに…

INFPのI

なんのことやら、という感じかもしれないが、ユングのタイプ論をベースにした、MBTIという心理テスト?というか多様性理解のためのワークショップでの私の判定である。MBTIは外資系とか意識高い大手企業なら、一度はやったことがある、という感じだろうか。…

研究日誌2016/09/25

★ 質的心理学会2日目。午前の野村先生のものは疲れていたのでパスしてしまった。去年、秋葉原でご一緒した時にいろいろ伺ったのでまあいいかなと。 午後から師匠不在のシンポに。これが今回のクライマックスか。当たり前だがやって来たことの関連なのでアク…

2016-08-13 『コミュニティ・オブ・プラクティス』読書会用のメモ(途中)

@図書館なう。眠くなってしまい集中力を欠いたので、今日の分までをはっつけておこうとぞ思ふ。 担当は二章まで。明日には終えて別のことをやらんとな。コミュニティ・オブ・プラクティス―ナレッジ社会の新たな知識形態の実践 (Harvard Business School Pres…

離れておもうこと

東京を離れてしばらくたつ。かりそめの時間だけなのだが、そのあいだに、誘拐犯はつかまり、株価は壊滅し、堀北は結婚した。疲れているからなおさら思ったが、大抵のことはやはりどうでも良いことなのだ。株価壊滅で痛手を負う面もあるのだが、生きる上では…

ストレングスファインダー講座と早稲田散歩

土曜日をつぶして馳せ参じたわけだが良かった。プロコーチによる解説で背景理解が、進んだ。ストレングスファインダーとコーチエイはなんかセットぽいな。違うはずだが。強みをいかに活かす環境にするかが大事だ。いまはかなり損なわれている。気の持ちよう…

2015/05/16

東大ワークショップ講座とかいうのに行った。五月祭とかいうリア充東大生のすくつの脇でひっそりと。ワークショップとかはあまりやらない。人工的な場つくりというのは企業内ほどあまりそぐなわないかなと久しぶりゆえそれなりに楽しみワークする。緊張もそ…

マーケットの動向と学習についてスピードスケートみながら考えている

以前にマネックス証券のタダセミナーというものに行ってみたが、その会場でサイン本ほしさに松本大氏の本を買った。むかし、金融なぞ全く興味なかったのだが、新人のころに松本氏の本を好きで結構読んでいた。仕事術とか、彼のキャリアの本。ま、今回は米国…

ひみつ基地を提供したナイト

アサイチをみつつ、コーヒーを入れていてそのあいまに書くゆとりモーニング。昨日はいぬ氏が上京するというのでひみつ基地を提供した。 第三の場所の、ヒント。 - 犬だって言いたいことがあるのだ。目出度くインプッターという呼称をいただいた。燃料投下を…

はじめてのまじめな研究会合宿

はじめてのまじめな研究会合宿へと参加した2日だった。帰ってきて職場なうであるが。 この2日間を、個人的にとても良い体験をした機会だったとふりかえる。なぜそんな場に居合わせることが出来たのか、あまりよくわからないが、チャンスというのは、他者から…

“オンライン輪読”とかのもうそう~ちらっとアイデアメモとして

id:inujin氏がグループをつくり、いろいろコミュニティを盛り上げてくれている。 あっちにはボチボチ乗っかっているが、自分が主催者のほうもなんかやれるかなあと思ったので、お昼休憩中にアイデアをメモしておく。膨らますかはわからない。 成人学習/大人…

いぬ氏面談ふりかえり

たまに会うと思考が整理できる。ますますベストパートナー化してきた思い。誰かのおもしろそうなものはもうたいていどうでも良い。われわれができることを平行的にこつこつやってゆけば良い。とりあえず。大事なのは感覚にフォーカスすることだと思った。わ…

MALL:経営学習研究所のイベント「多様な社員を"講師"に育てる仕組み社内募集からデビューまで : 研修開発・内製化プロセスの探究」(長いなー!)に参加した

::MALL::経営学習研究所 MALL=Management Learning Laboratoryという一般社団法人。中原淳先生が代表理事を務めている。 経営とか人材とか学習とか、人と成長にかかわる分野での勢いあるキーマンたちが始めた自律的活動。今まで参加したことがなかったので…