しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

仕事の筋肉

やっぱり自分なりのルールは必要なのかもしれない。
プログラムのたびに書こうと決めていたけど、いつのまにか、書くのが億劫になっていた(いる)。

まだ執筆中だが、会社のメルマガに寄稿する書評を書いていて、仕事の筋肉って発想にいたった。新人時代の習慣的行為が、その後の仕事のスタイルをつくるってこと。むりやりいろいろ考えていたら、本の内容が意外と自分の経験と整合性があった。

そこで思ったのは、これからの30代にも、こういう日々の行為の意識化は必要かもしれないということ。できていないこと(だらけだけど)を、なにか動作を意識的に行うことで、無意識レベルの行動にと変換していくこと。ハリを見失いがちな30代だからこそ、そういう工夫が必要なのかもしれない。

と、ブログに記すというような、こういう行為が大事なのかもしれないですねえ…。
おもしろくまとめるアイデアはあるんだけど、これまた腰が重い。自分の性格上、ハマると早く、やらないときはやれないと知っているので、うっすらと意識しながら生活しようと思う。
(日記振り返ったら、やろうと思ったことの7割はやっているようだったので、そこはへんな自信がある)