読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

観て、感じて、場を築く

仕事エッセイ 会社の仕事

ボチボチと、書ける範囲で外化へと。
仕事の季節になった。GWがあけて、もはや遠い昔のようにも感じられる。

再び激しい学びの日々がスタート。念願の新しい担当プログラムも始まった。
ラーニングイノベーション論 | 慶應丸の内シティキャンパス

最初は、コンテンツサマリと気づきのシェアをと思っていたのだが、あまりそういう
気分にもなれない。例えば、今日は経験学習サイクルを学びましたーとか、野外での体験学習は、
非日常体験から、関係性の認識をぐっと変化するものだぜーみたいなことを書いても
ちょっと違う気がして、学びの内容のシェアみたいなことは意味があるのかなという気分。

この場が個人的な日記場であるし、プログラムで起こることは、
自分だけのものではないなという思いがあり、まだどんな言葉で紡いでいくか、決め切れない。

と、いうことで、セッションのイシューをどうのというよりは、きわめて個人的な、
facilitatorとしてのヒントになりそうなことを書き留めておきたい。私の好きな極私的語りで。

人が変われるための環境をどう用意出来るか、これはまさにデザインする行為だと感じている。
快適な環境、学ぶ内容の構成、演出、伝えるタイミング、こういったソフトの中でも構成的な側面と、
もう少し、フラジャイルな心の面なんかもあるように思う。

自分自身が変化する過程だから、思い切ったことは言えないが、心のことを考えているうちに、
奇しくも「愛」という先達が残したワンワードにいたった。
ともにする人たちへの愛、その場への愛、構成するものへの愛、
丁寧に場を築こうと思うと、愛が無ければ出来ない。

この愛は、どこから来るのか。
母性的な包摂とも違う気がしている。

どちらかというと、責任感に近い思い。
共時的な体験が出来ることを大切に思い、損なわないようにすること。
Be here now.一期一会。ブログタイトルじゃないが、Carpe Diemだな。

良い場を築こうと思うと、エネルギーの萌芽を見逃さないようにしなきゃ、と
注意深くなる。そのために、しっかり観ようとする。感じるためのセンシングを高めようと、
起こっていることに集中する。この愛は、丁寧さとも言えるのかもしれない。

西村佳哲さんから、いのちに敏感、という言葉を聴いたことがあったが、
なるほど、こういうことなのかもしれないと思った。

再帰性、自分はどうなんだ、お前が言えるのか、という考え方は、
とても有効だと思うようになった。一気に当事者としての視点に至る。

I hear and I forget. I see and I remember. I do and I understand.
という言葉を聴いた。孔子の言葉らしいが、体験学習の文脈ではまさにそうなんだと。

自分の言葉で意訳する。
自分ごとでなく、ただ聴いたことは、自分のからだをすりぬけていく。
その場を観察することで、そうかな、と思えることがある。
なにより、やってみる事で、実感してわかることがある。

やってみて学ぶことの連続で、変わっていくじぶんの身を体験している。

バズワードぽくてあまり言葉の意味を感じていなかったけど、
イノベーションってものは、人の認知に関していうと、
perception changeってことなのかもしれないなと思った。*1

学習とは、経験によって生じる比較的永続的な行動の変化、
ってことでいえば、学びとは即ちイノベーションとも言えるのかもしれないな。
だとすれば、真の学びに迫ることが、イノベーションであるとも解釈できる。

なあんだ、すべからくネーミングにembeddingされてたんだーってオチ。
http://instagram.com/p/ZYS4ulrRHh/

*1:そういう意味では広告の役割はイノベーション創造だったのかもねと思う