しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

おっくうというか、筆が重くなったなあという反省

たまにはライトに。(いつもライトかしら)

わからないことが増えたり、結論がないことに対していらだったり
途方に暮れることが増えたように思う。

忙しい時期にありがちなんだが、ふと、立ち止まってそもそも論を
考え始めたら、いろんなことに気づいた。気がする。

土曜日は最近いそがしいけれど、日曜日はそんな一息と、
視点を変えらえれるような、きちんとした休みにしたいなと思った。

からだとともに、こころも休めたい。

クリステンセンは、オックスフォードの院生時代、
毎日1時間聖書読んで、そもそもなにがしたいのかと
考え続けてたんだって。って読んだ。

イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ

イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ


それを読んでいたら、やっぱり、内省出来るための仕組みとか、
習慣づけが、自分にとってはキーなのかなと思えはじめて、
集団とのかかかわりをどうする、という視点から、いかに
個への理解を深めることが出来るか、っていう軸に視点がうつった。

どっちが優先ってことはないのだけれど、何が自分のストロングポイント
かなあと考えると、優先が決まるのだと思う。

かってに連想したのは、伊賀泰代さんが、コンサルタントから採用とか
人材にシフトしたように、どこで闘うかと決めること。

採用基準

採用基準

いろいろ書いたけど、間違いとかおそれず、毎日でなくても
外化活動は続けていかないとなあと思った。

…☆なりlikeなりブクマなり、反応があると、続けようと思えるのは、
それこそ支援活動だなあと思った。はてなのように多彩にフィードバックが
得られるというのは、学習的観点からもホントに良くできているなあと思う。