しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

エウレカな夜

ずーっともんもんとしていた自分にとっての関心のコアが、少し晴れてきていっきにメモをとったり、気のおけない仲間とのナイショグループウェアに書き込んでログしておくなどして、夜中だけれどもなんだか前進して良かったなあと思えている夜になった。とはいえ、落ち着いてみるとこういった変性意識状態は、大したことなかったりするのだけど、それでも。

結局、昔考えたアイデアに再帰しただけだったりする。新たな発見ではない。
だがそれでも、小さい円環ながらに考えぬいて、一度ぐるっとまわってきたことに意義を感じる。

会社で行なっているクレド活動であたったのは、なんども「change」だった。それいつも考えてるよと思いつつ、(くじみたいにひくのだが)こればかりがテーマになることは、なんらか意義があるのかもと思っている。いまの思考の参照枠から外れてみようよ、ということなのかもしれないと思う。全く新しいことではなくて、そもそもの関心に至るのだけど、小さな思考のループをもうひとつのメタ視点で意義づけられてきたようで、それが嬉しいものだ。

なかなか自分の真意とか、自然の状態というのは意識出来ない。なにに動機づけられているのか、言語化しがたい領域がある。これが必ずしも正解であるとは思わないが、なにか道筋が見えた気がした。
http://instagram.com/p/apso0HLRAn/