しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

軽いリハビリ

リハビリ。手書きでの言葉は生まれてくるのだけど、ブログに書こうと思う言葉がなかなか生まれてこない。書きたい気持ちはある。とりあえず書けば言葉が生まれそうなことも知っている。ほかのブログをみて自信をなくしたりというのでもない。よくもあんなに多面的な言葉が紡げるものだな、と思ったとしても、自分のなかからもそれなりにへんな泉が湧いてくることも知っている。メタに判断は出来ないが、それなりにおもしろがることが書ける時があることも知っている。つまりは、書かなくてはなにも始まらない。それも知っている。

それでもなお、それを知っても、ブログに書くことを優先できない状況。いそがしいとかそういうことは言い訳で本質的な理由では無さそうだ。紡ぐのに、なにかがバリアーなのだ。しかし、そのバリアーもそろそろほぐれてきている気がしている。だから、こうやって軽いリハビリのどうでも良いエントリーを書いたりしているわけだった。

今日、久しぶりにひとつのアイデアにいきついた。これは、本当にいつも順繰りにやってくるような再帰モノだった。結局、そこに戻るのか、だったら、やるしかないという、doが全ての根幹に関わってくる。なぜdoしないのか?ゴールを見定めたいのかもしれない。エネルギー切れがコワイのかもしれない。飽きるのがコワイのかもしれない。そろそろ、そういうものもどうでもいい気がしてきている。自分なりの紡ぎ方というのが在るんだなということは実感できてきた。らしく、やるには、やったら勝手にらしくなるけれど、その自走を妨げない流れにのるにはどうするか?

そんなことを思いながら、毎日結構考えている。あまり気詰まりではないからいい流れに来かけているのかもしれない。

http://instagram.com/p/bi-7uaLRMM/