読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

ずうずうしさの代償を払え

ずうずうしい行為そのものは、手放しで否定しない。そういうところから生まれるものとか、突破するには必要ではないかとも思う。揺さぶる行為。

だが、やったもんがちになるのはいただけない。それは、権力の乱用でもある。代償として、あなたになにが出来るのか?テイクするからあなたはなにをギブするのか?

欲しがってばかりのやつはクソだ。すくなくとも、俺は信用しない。そんな人となにがつくれる?その人そのものの世界でなにかやるだろうから、あえてこちらからは働きかけることもないだろう。

こちらがパターナルにギブするのは好きだ。勝手にやるぶんには、おせっかいでもまあいい。資源のもちだしはじぶんだから。だが、欲しがるなら、おのれが与えられるものを考えろ。なければ、それでも考えぬくか、どうしてもなければ、いつか返報するツケと宣言して、そういう思いでテイクしろ。

意思さえあればいい。だが、意思がそこにないままにクレクレとばかり言うのは、オトナになってから恥ずかしいことではないだろうか。

全ては再帰的自己なのだ。放った言葉、行為は巡ってオレに向けられている。

それが、恥の文化の良点ではないかと思う。

http://instagram.com/p/cDyJh5LROD/
いつかの岡本にて