読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

“オンライン輪読”とかのもうそう~ちらっとアイデアメモとして

id:inujin氏がグループをつくり、いろいろコミュニティを盛り上げてくれている。
あっちにはボチボチ乗っかっているが、自分が主催者のほうもなんかやれるかなあと思ったので、お昼休憩中にアイデアをメモしておく。膨らますかはわからない。


成人学習/大人の学び - はてなブログ グループ


というのをつくって別になにもやっていない。やろうとも思わなかった。だけど、今度ちょっと厚めの本の輪読会というのに参加することとなり、少しこまっておる。大学時代は、レジャーランドの流れであまり集団で読みあうということもしてなかったので、「きちんと本を読む+読みあう」という経験を積む必要性を感じている。ひきこもってそれなりにたくさんの本を大学時代は読んでいたという思いはあるけれど、とことんドグマであったので。



たとえば、むかし、自分だけながらにがんばって書籍レビューというか、レジュメをつくっていた時期があった。

(書籍)マーケティングをつくった人々 - yukawasaグループ

はてなグループで作成しているので、右上のプレゼンテーションモードをつかうとブラウザ上で簡易pptっぽくなります。スマホはたぶんダメよ)


これはそこまでではないが、なんらか基本書と呼ばれているハードコア系の本をオンライン輪読していくというのはアリだなと思っている。プライベートなはてなグループでは似たようなことをやっていたのだが、あまり公開グループではみかけないなあと思った。
はてなグループ - グループ一覧


正直、はてなグループはてなブログの機能でなく、サービス名のほうね)はつかいこなすのに慣れるまでにモチベーションが続かないので、これを使ってどうのとは思わない。構造的にすることをとくに目的にはしないものの、エントリレベルでレジュメをつくってがっちゃんこしてみる、というのはいいかもしれないなと思っている。

例えば

これも作成途中で、もーいいや~ってなってしまったものですが、春先はこの本についてのまとめというか、レジュメづくりなんかをしてました。(センセイ投げ出してごめんなさい)

企業内人材育成入門

企業内人材育成入門


のものを下記のリンク先みたいなかんじでやっていた。
『企業内人材育成入門』まとめ - andragogyグループ


こういうの、たとえば章ごとに担当して、ほかの人はなんかコメントするレベルでもいいのかなあと思ったのだった。ネイバーとか、サイボウズLiveとか、どこかほかでもやってるだろうけど、こういうのって、コミュニティの磁場にのっかってやるのも良いのかなあと思ってきている。


なにか1冊くらい決めてやってみるというのもありかなあとぼんやり考えている。ただし、プロジェクト形式でメンバーは固定化せずって感じで。オタメシの要素もつづけていく要素のひとつだと思うので。

もうそうついでに

個人的にやってみたいのは以下だったりする。9月半ばくらいから読み始めようと思っている。

あなたへの社会構成主義

あなたへの社会構成主義

現象学との関連もあるとか読んだ。2000年くらいの時は社会構成主義なるものは知りもしなかった。むかしよんだ現象学の本どこいった…
ほかには…

学習系

うえにあるけど、のりかかったフネ系としてはコレ。

企業内人材育成入門

企業内人材育成入門

あとは個人的にコレ。

コミュニティ・オブ・プラクティス―ナレッジ社会の新たな知識形態の実践 (Harvard Business School Press)

コミュニティ・オブ・プラクティス―ナレッジ社会の新たな知識形態の実践 (Harvard Business School Press)

LLPの略すら言えない俺なのでCOPのベースともいえる?これ。

状況に埋め込まれた学習―正統的周辺参加

状況に埋め込まれた学習―正統的周辺参加

SDM的にはセンゲ。

学習する組織――システム思考で未来を創造する

学習する組織――システム思考で未来を創造する

マーケ系

ゼミナール マーケティング入門

ゼミナール マーケティング入門

マーケティング (New Liberal Arts Selection)

マーケティング (New Liberal Arts Selection)

など。


もちろんむかしはこれをやっていた。裁断してスキャンまでして…挫折したけど。

コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版

コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版

  • 作者: フィリップ・コトラー,ケビン・レーンケラー,恩藏直人,月谷真紀
  • 出版社/メーカー: Pearson Education Japan for JP
  • 発売日: 2008/04/02
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 8人 クリック: 56回
  • この商品を含むブログ (47件) を見る

もちっと上位外見の「経営学」として

経営学音痴系には、これらか。

入社してもらった本。組織論以外は頓挫ですよ。

ゼミナール 経営学入門 ゼミナールシリーズ

ゼミナール 経営学入門 ゼミナールシリーズ

あとは、直近のものとしてはこれか。

経営戦略全史 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

経営戦略全史 (ディスカヴァー・レボリューションズ)


最近でましたが定評ありますね。尊敬する@omiyageさんもオススメされていた。
ビジネス戦略本の取扱説明書|コラム:マーケボン|ojo


などなどでしょうか。思いつかなかったけど、考えるとそれなりにリストあるもんだな。


ま、オーガナイズしてはやらないと思います。見切りではじめて空気出来たら続けるとか、そんなレベルで考えたい。