読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

感じたことを言葉にしてみること〜ゲシュタルトキャンペーンなう

ナラティヴ 日常エッセイ

昨日からゲシュタルト心理学づいていて、なにか大切なものがありそうな気がしているのでしばらくはゲシュタルトキャンペーンをしようと思っている。帰宅したらさっそく1冊の本が届いていた。

気づきのセラピー―はじめてのゲシュタルト療法

気づきのセラピー―はじめてのゲシュタルト療法

本家のパールズ本はまだ届いていなかったようで残念ではあるが、ゲシュタルト心理学が出来てきた歴史とか、位置づけとか、実践方法とかが書いてあった。さっと読める本で、まだ半分程度ながら、概観出来そうで良い。昨日の講義の復習にもなっている。大筋は講義の内容と同じだったから曲解してたわけじゃなかったんだなと安心。


内容のまとめとかじゃなくて、そこから触発されたことを書こうと思う。内容はまったく飛びまくって、ブログを自由にかけやということだ。ブクマ稼ぎの「情報ありがとうございます」みたいなうんこエントリではなくて、もっとうんこな思いつきの肥溜め日記を推奨したい。いや、プロブロガーはみんながお好きな情報を提供することがビジネスなのでそれはそれで良いとして、もっと日常に生きる「普通の」我々に対してブログを書く行為はオススメ出来るのではないかなと思ったのであった。

ゲシュタルト心理学では、「いま、ここ」で感じていることにフォーカスをする。過去は変えられない。そして原因も追求しない。いまここで過去にとらわれているその状態を問題として、どう感じているか、を問うていく。なぜ、は禁句である。いいね。なぜなぜ病に囚われた現代社会に嫌気がたまにさしませんか、そうですか。


で、ブログとの関連。ブログに感じている気持ちを外化するということは非常に治癒効果あるねということだった。学びの観点以外にも、癒される感覚がある。私達は、ふだん感じていることに無自覚なのではないかなと思った。少なくとも自分は。なんで、感じたことを素朴日記する行為は、たんにカタルシスやんけということであれど、一歩踏み出すための基本条件であるように思う。

そんで、感じていることを自覚した上で、自分はどう責任をとっていくか、じぶん事に接続することが出来たら、それは素晴らしいことなんだと思う。このあたりはまだしっかりと腑に落ちていないが、自分が感じていることは、自分が選びとったことなのであって、そんな自分に責任をとることがゲシュタルト心理学=実存的立場ということだという。ものの見方は多面的で、どの認知を選択するか、ってこと。だからこそ、いろいろな見方を持てるようになることが大事なんだねと、ここまではわかった。いきなり辛い人にそんなことを言ってもむずかしいだろうなあという、このあたりが自分の迷いである。


ま、そんな多面的な気づきが得られたりとか、自由に外化(表現)出来たりとか、その感想のループを交換し合えるとしたら、楽しくなるのではないかと。だから、静かな拡がりをいぬ氏がつくったこのグループはもてているのではないかなとか、そんなことも思う。
感想をブログで書いてもらえると喜ぶグループ - はてなブログ グループ

我々はだれでも出来るレベルの敷居の低さのTwitterという場になんだか強度を感じられなくて、けまらしかーなFacebookにもとりあえずうまいもの写真をのっける感じにしておけ、となって、私という存在をしっかりと内省、つうか感じたことを外化する(はきだす)出来る場がリアルにもそんな簡単には得られなくって。ってときに、はい、そこでブログですよと再評価されているのではないかな、とそんなことも思う。これ自分の感じていることを書きながら考えただけですが。

つうわけで、気楽にブログ書こう。


いま、はてなブログがいいなあと思うのは、フィードバックシステムが自然になったことだなと思う。ブクマ充じゃなくても楽しめる。スターが降ってくる。購読するシステムが、はてな内のグラフという限定があれど、早めに読み手が出てくるということで、それが書く気持ちを推進するね。別に他のソーシャルボタンでも反応が出るからなんか押してみればいいと思います。


それにしても思った以上に社会構成的な思想×ゲシュタルト的なものの見方というコンボは俺の人生観に影響を与えそうだなと思った。でもこれって、学生時代の実存主義萌えに回帰しただけなんだけどね。こんな感じで人生はループしている。そのループがらせんになって広がっていたとしたら、それはきっと成長ということなんだろうと思ったのであった。


まとめ。ブログに評価を(過剰に)もとめず、たのしく毎日を過ごせるようにするための、感情ほうしゅつ基地くらいに思って気楽にやるのが良いのではないかなと思った。

なんか研究のしっぽをつかまえたきになったぞ。

http://instagram.com/p/eEndo8rRNw/

ふざけんな自販機のクソさが素晴らしかった。