しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

口が滑って大反省〜昨日の俺は別のオレ?

いぬじんさんからトラバがきたのであった。ありがとう。そう、昨日とまったく反対のこといいますwww
明日の僕は、今日とは違うことを言うと思う。 - 犬だって言いたいことがあるのだ。

ま、ゲシュタルトキャンペーンは継続するんだけど。それにおおいに自己納得感があるのでそれ自体は変えないのだが、今日の「いま、ここ」のオレはなんでも言おうぜヒャッハモードの揺り戻しの反省ボーイなのである。もうボーイではないが。

正しくても、正義でも、それは言ってはならない、つうかソンだよね、とか、そういうことがよのなかにはあるんだよなあと思った。FBにうまいものの写真だけ投げるのがうざくなってツイッタ感覚で怒りとか愚痴をポストするとそこは狭い世界。だれが見たのかしらんけど見ているわけであります。そんで、やっぱりアレはアカンやろ、ということを伝え聞いた。誰が言ったかしらないが、ニュアンスもわからないがそういうことなんである。

いろいろ反省した。なんというのか、衝突がどうのということではないし、それが間違いであるということを認めたということだけではなく、端的にいえば、言いっぱなしのリスクはあるよねということだった。言った以上、やる、実践しているということが必要。言ったのに、それはやらんというのはいけない。ああ、違うな、あまりこのことはわかりきっていない。ただ言えるのは、感情は抑制しなくてもいいけど、まさにゲシュタルト的に、「いま、ここ」のオレはこういう状態になっているんだ、と知って、行動の選択肢を考えて、そこで選択するという決断が必要なんだと思う。つまりは単に、やっちまえという強度だけで進むんじゃなくて、発言を引き受ける覚悟はあるのか、ということを思った上で、発言することなんだと思う。

つうか、大事なことをFBでいうてもたんにソンなんかもしれんね。

肥溜め日記奨励と書いた。まだ奨励はする。したい気持ちだ。
発言を怖がってしなくなってしまったら、それは違うと思う。
ただ、なんていうか、自分のことに引きつけて書かなきゃと。
他人のあり方を批判することは、自分の棚上げだ。単なる。
自分のことを内省して、それをdisられても、それは自分のことだからいい。

あまりまとまっていないけれど、定期的に文章を書くようになって、人生が広がる感覚があったから、ベストなかたちを探し続けていきたいものだと思う。

反省はしても、自分をなくしてはいけないと思うようにする。
一方で、スルーせず反省はしなくてはいけないとも思う。

所詮最後はひとりと、アナーキーになるのか、
所詮最後はひとりと、あえて他者にコミットするのか。

書いてみたら、これはそのまんま村上春樹の転向になった。
http://instagram.com/p/eKKKN-rRCC/