しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

事務局ボランチ論

なにげなくそんな事を思ったので寝つきブログとして書く。リハビリということで、書き続けるしかないのだ。とにかくそんな時も書くのがだいじ。


仕事がら、「事務局」と呼ばれる仕事がメインだ。お世話係。具体的に書けと言われてかけるレベルだと、プリント準備とか配布、関係者を取り持つ連絡係(講師と参加者とのあいだ)、そういうわかりやすい面もあれば、なにをやるかという企画面、ちょっとしたメンタル支援とか、裏側での介入ということもある。レベル差はいろんな講座で違うけど、一言で言えない内容が事務局にはあると思う。

ま、それはどんな仕事でもそうだろうと思うけど。結局、自分らが抱く仕事へのステレオタイプなイメージなんて、いい加減なものだから。スポーツ選手にしても投手は投げるのが仕事、FWは点をとるのが仕事、ってまあそうなんだけど、プロセスも仕事って捉えるとどこまでその仕事を知っているか知らない。はい脱線。


事務局ボランチ論というのは、メタファーだが、自分がボランチだとイメージして動くとなるほどなって感じなので思った。パスの出どころであり(企画してそもそもやる場をつくる)、FWとか前線を活かす仕事であり(講師、教師に良い教授内容を提供してもらえる準備:プリントとかタイムスケジュール決めとか)、失点の元になりそうなパスを早いチェックでつぶしたり(内容に対しての?を解消するとか、クレームの予兆を捉えて先手で説明をするとか、むかしよりあまりないですが)ってことなんかが思いつく。あと運動量もモノホンのボランチの如くおそらくは一番多い。現代サッカーの起点なのだよフハハハとか言えたらいいので、現代の学びビルドアップの起点とか言えるように頑張りたいものです。

事務局考ってことを中原先生もむかし書かれていたけれど、NAKAHARA-LAB.NET 東京大学 中原淳研究室 - 大人の学びを科学する: 「事務局」考自分なりに解釈するとボランチっていうとかっこいいしなんか頑張ろうって思えた。稲本くらい前線にいって失点したこともあるので、攻撃的になりすぎず、クレバーなヤットさんか、いっぱつでゲームを変えるパスを出す、ドライビングな介入が出来るグアルディオラとか、ま、なんかかっこいいイメージのボランチになぞらえてやってみようかと思います。


あんまりイメージ的には同一ではなかったけど、フューチャーセンターでも有名な野村さんもこんな本出してたし、いろいろなことが出来ることは間違いないのが事務局って仕事でありますね。事務局を考える夜。そしてそんな事務局を越えて行きたい欲望があります。

裏方ほどおいしい仕事はない!

裏方ほどおいしい仕事はない!


ちなみに2002年にミラノ(ヴェネツィアだったかも)で生でみたガットゥーゾは、ガタイすごくて相手にぶつかりまくって壊しまくってた鬼すぎるボランチで、ある種憧れるが、ちょっと事務局的プレイスタイルにはキツイと思われるのであった。(*^_^*)でもこのメンタルハートは憧れるね。
元ミランMFガットゥーゾ氏「ボランチに必要な技術は『気合』これだけ。」「ド下手な俺は人の10倍走る必要があった。」: カルチョまとめブログ