読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

るろうに剣心を読み返した

土曜日、コミックレンタルを使ってるろうに剣心を読み返した。ヤフーの1話ずつの無料購読からこちらに流れてしまいましたのでデジタルで購入はしていないんだけど。

るろうに剣心全28巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)

るろうに剣心全28巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)


全28巻。もう20年も前のマンガなのかと。俺が中学生の時に連載が始まり、第1巻は初版では買えなかった思い出がある。スゴイ人気だった。連載は5年ほどだったのかな、たしか。すっかり忘れていたので、面白く読めた。一気読みでも1日で読めるから少年誌はいい。

むかしはストイックだったから高2になった時に、受験のためにジャンプを買うのをやめてしまった。なのでONE PIECEもスタート前で読んでいなかった。ジャンプというものの啓蒙的な側面はやはりあるなあと思う。友情努力勝利、っていまでもあるのかしら。ジャンプを読んで人生を学び正しく日本の少年として育つのである。いや、海外でも発行されてますが。

記憶力が悪いので、まるで初見のように読むことが出来るのはいいことです。といっても、後半のほうは読んでいなかったとおもうので、こういう結末になるのか、といい驚きだった。いま読み返すと、ぐっとくるセリフとかある。生きるという姿勢が学べますよ。ホント。

映画も結構好きだったので、続編も楽しみ。るろうにはいい作品です。きっとジャンプの過去の名作をほじっていくとそれだけで数年は楽しめるのだろうなあ。マンガというカルチャーの厚みを感じる。なんか、グループの人はジャンプでもなんでもいいからこれ読めって名作紹介してほしいです。社会人でも一気見出来る10〜20巻程度ので。

俺は、そのボリュームだったら、かつ、人生を考えるとかじゃなくて、とにかくアツく生きるというアホテイストだったら下記2つを勧めます。奇しくも野球マンガですがサッカーマンガもいいものはありますわな。


まずは逆境ナイン。あれ、6巻だけか。だからこその推薦。落ち込んだ土日に一気見すれば軽い落ち込み程度ならたぶんしのうとか思わなくなります。

もうひとつはアストロ球団。こちらにいたっては、人が死んだすぐ後に勝利に喜んでたりしてアツイです。

アストロ球団 (第1巻)

アストロ球団 (第1巻)


書影が出ないけど全巻セット。

トンデモ感って人生に大事。ということで不真面目なものを推薦してみたのであった。