読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

角川春樹映画を見る

高倉健の『野生の証明』を映画館で見る機会があり、映画ばかり見ている文学部出自でありながらも恥ずかしながら角川ブロックバスター映画を見てきていなかったので、『人間の証明』を見た。amazonレンタル便利であり安く、iTunesヤバイだろとおもったりもした。
森村誠一の作品なぞ一度も見たことがなく、ないないづくしの三十路であるが楽しめた。この時代の映画は狂気しかない。『暴走パニック大激突』という深作欣二のクソすばらしいアホ映画があるが、こういう雰囲気が多かれ少なかれどの映画にも漂っている。ただヤバイ感じ。清廉潔白に「つながりましょう、ソーシャルデザインです」とか、「幸せ幸福万々歳」みたいな言説と無縁。名状しがたい人間の業が描かれているね。演技のよくわからなさもいい。
こういったギトギトの欲望というのが良くも悪くもよのなかを突き動かしてきたのだろうと思う。俺みたいな古い人間のモチベーションに響く。ビッグデータどころか間違った主観満載でだがそれがいい角川春樹の弟子筋でありこれまたギトギトなメッセージを発している見城徹はそういう時代の最後の象徴という感じを持った。高揚する。テレ朝報ステ安倍ったりなところも含めて。
さて、それで今から『蘇える金狼』を見る。もちろん香取慎吾とは無縁である。

暴走パニック 大激突 [DVD]

暴走パニック 大激突 [DVD]

人間の証明 [DVD]

人間の証明 [DVD]

野性の証明 デジタル・リマスター版 [DVD]

野性の証明 デジタル・リマスター版 [DVD]

蘇える金狼 デジタル・リマスター版 [DVD]

蘇える金狼 デジタル・リマスター版 [DVD]