読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

ノルウェイの森

何年かぶりに読んだ。古本屋行ったら100円以下で買える。昔売ったかなんかでまた買い直してみた。
細かいところは忘れているけど、意外と色彩を持たない〜のようなリアリズムよりの文体で悪くない、むしろ心地よい感じだった。
大学時代とリアルシンクロする感じだった。たぶんキャンパスも同じであるので。DUGの裏の紀伊国屋で毎日バイトしていたし。
これを書いた頃の春樹は40前後だと思うが、ここからきっと人生が激動に入ったのだろうなと。
大学時代の友人の結婚式というタイミングもあったのでなお響くものがあった。