しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

2016-07-03読書記録(harre、経営学習論、フィールドワークの技法、文化と状況的学習「Works」)

まとめるのが手間なときもとりあえずはログくらいはできるだろう。朝から夕方までこもり合宿した。夜はご褒美に普段飲まないビールで餃子した夏の日。

論文

harreのpositioning Theoryをrevise。相変わらずほんとわかりづらい論文。
Positioning Theory - The International Encyclopedia of Language and Social Interaction - Harré - Wiley Online Library

書籍

組織社会化のところを読みなおした。

経営学習論: 人材育成を科学する

経営学習論: 人材育成を科学する

前半2章くらいを読んだ。暴走族エスノを書いた頃のエピソードが興味深かった。まだ内容までは踏み込んでいない。

フィールドワークの技法―問いを育てる、仮説をきたえる

フィールドワークの技法―問いを育てる、仮説をきたえる

これも2章だけだが昼の休憩でななめ読み。理論編のところが面白かったので借りた本だったのだが思わずポチった。

文化と状況的学習-実践、言語、人工物へのアクセスのデザイン

文化と状況的学習-実践、言語、人工物へのアクセスのデザイン

その他

Worksの戦略的採用論なるもの。
www.works-i.com

気づき

  • テキトーに読んだ戦略的採用論は面白い。人的資源管理論でも競争優位となる人材調達としての採用論ってのはフロンティアぽい。そんだけビジネス環境が欧米化(古い)したということなのかもしれない。
  • 組織社会化はレビューとか先行研究多いが、ガチでやると死ねそう。ちょっと考えものだ。
  • 状況論の観点からのフィールドワークはまたほかと違った趣を感じる。うまくいえないが、状況の俯瞰的把握から踏み込んだ介入的な側面があるようにも思えた。
  • エスノグラフィーのやり方は人それぞれだとして、どんな示唆を得られるか、ということだが、なにしろこれ!というお手本がそこまでない感じ。もう少し探そう。
  • harreの英語は読みたくない。修正でもう何ヶ月目かの付き合いである。ディスコースのなんたるかもよくわからん。

ディスコースの心理学?質的研究の新たな可能性のために

ディスコースの心理学?質的研究の新たな可能性のために