読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

研究日誌2016/09/25

academic 個人的な節目 気づき 社外の学び 研究日誌

質的心理学会2日目。午前の野村先生のものは疲れていたのでパスしてしまった。去年、秋葉原でご一緒した時にいろいろ伺ったのでまあいいかなと。

午後から師匠不在のシンポに。これが今回のクライマックスか。当たり前だがやって来たことの関連なのでアクティブに聞けた。貴重なネットワークも得られた。ダラダラ長居してもしょうがないなと思い帰路につく途中で振り返っている。

質的心理学は豊かな記述でおそらくアンチテーゼとしてこれまでの心理学に向かうものであり、心理学が実りあるものになるのかもしれないが、それだけでは資本主義笑社会の変革実践に無理があるようにも感じた機会だった。感じたのは優しいサヨク(島田 )という形容か。

心理学のアンチとかアカデミシャンでもないとコミットできない。単なるサラリーマンには遠い。企業とか組織ずっぷりの学会は未経験なので相対的な距離把握は必要だろうが。

質心は主戦場にすることはし難いが役立つ方法論やツールはありそうに思う。ゆるく付き合いたい。

 

グラウンデッド・セオリー・アプローチ 改訂版  理論を生みだすまで (ワードマップ)

グラウンデッド・セオリー・アプローチ 改訂版 理論を生みだすまで (ワードマップ)

 

 

 

 

 

越境する対話と学び: 異質な人・組織・コミュニティをつなぐ

越境する対話と学び: 異質な人・組織・コミュニティをつなぐ