しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

研究日誌2016/11/14

講義で関西系グルダイ学派の論文を元にアクションリサーチについて考える。

いい議論ができた。実務家だからこそ出来る研究について考えることになった。量的なリサーチの手堅い誘惑に惹かれるが、特権的にアクセス出来るフィールドがあるからこそ出来る研究というのもあるかもしれない。まあマスターなどせいぜい2年だから、なにかフォーカスしてやらないといけないのだろうなと思ってもいる。

研究テーマが戦略とポジショニング的になりすぎるとつまらないし力もこもらないのかなあとも思う。そういうのが向いている領域もあるだろうが、適度にずらさないと予定調和的でもあるのでインパクトがでなかったり。ま、アウトプットで問うしかないのな。

 

ラディカル質的心理学―アクションリサーチ入門

ラディカル質的心理学―アクションリサーチ入門